サイトの言語というのは、顧客のターゲット層によって異なってきます。それでも、多いのは英語サイトと中国語サイトです。更新頻度やページのボリュームに応じて、日本語と同様の規模にするか、あるいは一部抜粋ページを作成するだけに留めるかは、決めなければいけません。来日している旅行者へのアピールもありますし、母国からのアクセスを求めるというのもあるでしょう。求めるものによって集客の方法も変わるということです。中国については、中国本土から日本へのアクセスは検閲が入ります。中国のサーバをレンタルするには、現地法人が必要になるとか、政治情勢によっても動くので注意が必要です。本格的に中国への進出を考えているならば、中国事情に詳しい業者との連携が必要となります。多言語サイトを展開する場合は特に中国語の対応に注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。